AB不動産について

AB不動産株式会社代表の安部です。

当社では、私が20年以上の期間に渡り培ってきた賃貸経営のキャリアを生かして、不動産投資(賃貸経営)により資産を増やしたい方、ご本人やご家族が保有するアパート・マンション等の有効活用を行いたい方に対するサポート業務を行っています。

ところで皆さんは、サラリーマンや公務員の方が副業として収益不動産を購入する場合、どの様なタイプの物件を選ぶと最も利益を上げる可能性が高くなると思いますか?

福岡市内では、新築建て売りアパートがサラリーマンの投資先として人気となっていますし、その他にも中古アパート、新築や中古のワンルームマンション、戸建賃貸、コインパーキング、太陽光発電等様々な投資先が在り、それぞれ長所・短所が存在しています。

その中で、私が最も効率的で大きな利益を上げる事が出来る可能性が高いと考える投資先は、「鉄筋コンクリート造の一棟マンション」となります。

しかしながら、「鉄筋コンクリート造の一棟マンション」を普通のサラリーマン・公務員が購入する為には、非常に大きなハードルが有ります。

それは、購入にあたって何千万円という自己資金が必要な事。

私も永年サラリーマンとして勤務していたので実感していますが、実際にサラリーマンが毎月の給料の中から年に100万円貯めるのでも、結構大変です。

その為、多くのサラリーマン・公務員の方は、販売業者の斡旋で、自己資金が少なくても比較的融資が付き易い、新築のワンルームマンションや建て売りアパートから不動産投資をスタートしています。

私もサラリーマン時代に2棟の建て売りアパートを購入した経験が有りますが、実は新築の区分所有マンションや建て売りアパートの購入は、将来一棟マンションを取得したいと考える場合、回り道となってしまう可能性が高いのです。

理由については、面談やセミナーの際にお話したいと思いますが、少しだけヒントを書くと、成功している投資家には、5~10年程度の一定周期で保有物件の組み換えを行いながら資産を増やしている人が多く、ローン完済まで保有している人は稀だという事実が挙げられます。

それでは、初めての不動産投資ではどんな物件を購入すれば良いのか?

空室に対するリスク管理にサブリースは有効なのか?

サラリーマンの副業規定をクリアする為にはどうしたら良いのか?

物件の保有名義は個人と法人のどちらが良いのか?

不動産投資・賃貸経営に関する様々なお悩みに関するご相談は、福岡市博多区のAB不動産にお任せ下さい。

 

【代表経歴】

・昭和61年3月大分工業高校建築科卒

・20代で年収が300万円台だったサラリーマン時代に区分所有のマンション1室から不動産投資をスタート

・平成20年に株式会社エルフィンを設立し、西日本初の新築女性専用シェアハウス「エルフィン天神南」を開設(現在も自主管理により運営中)

・個人及び資産管理法人により、新築アパート、中古アパート、新築一棟マンション、中古一棟マンション、中古区分所有マンション、中古区分所有店舗、戸建賃貸、太陽光発電設備等、豊富な運営実績を誇る。

・40代でサラリーマンを卒業し、専業大家となる。